スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おもしろかったー!

2008年05月11日 11:04

帰ってきました。雨降ってたし寒かったしで根性なしな私は行きの道中ややくじけそうになったのですがほんと観に行ってよかった。そういや東京行ったのは去年の8月の大宙さん出演朗読劇ぶりでしたけどそん時も帰りは雨降ったな。ええ元々雨女ですよ(聞いてない)。行きのバスではMDでも聴きながらぼーっとのんびりしてようと思ってたら、何故か隣の席の初対面の同年代女性と約5時間エンドレストーク(しかもdeepな)してました(笑)。人見知りの私からしたら有り得ない話なんですが。未来の私がこうなれたらいいなあという感じの女性でした。最近いろいろ考えてたことの答えを頂けたような。出会えて良かったです。そして会場着いたら着いたで偶然お友達発見(笑)。そんなこんなで縁ってあるんだなあ、不思議なもんだなあと感じた今回の旅でした。って旅話じゃないだろ。舞台の話をします(前置き長いよ)。ネタバレはあります。やんわり気味で。といっても東京はもう今日で終わりですしほとんどの人はもうご覧になっているでしょうが、事細かにはしません(というか記憶力の衰えという話もある)。ほぼ雑感。



携帯からも書いた通り、グローブ座良かった。気に入りました。また行きたいから風間さんここでまたお仕事して下さい。席もE列下手だったのですが1本杉が目の前でここでのお芝居も多かったのですごくいい位置で楽しめました。

そしてこれも携帯から書きましたが、非常に4人のバランスが取れていて、いいです。観る前はこの4人だとどうなるんだろうと思っていたし本人たちも雑誌でのコメントでは手探りな様子でしたけど、4人4様の個性がしっかり出つつ集合体としてもきちんと絡み合って融合していて、そういう感じが観ていて心地良かった。風間さんたちは素材としてそれぞれキャラが立っている人たちだというのももちろんあるんでしょうけど、パンフで村上さんが仰ってるように、村上さんが4人をよくご覧になって書かれた脚本だというのがものすごく大きいのだと思います。だからこの舞台は4人のファンの大抵の人々にとってはたまらないものなのではないでしょうか。とりあえず私にはたまらなかったです(笑)。

4人それぞれについて言えば1番驚いたのは翔央くん。彼のお芝居観るのはWSSぶりでしたけど上手くなっててビックリです。こっち方面にいい素質持ってそうだなと思ってはいたけれど、雑誌で年上ばかりに囲まれてオロオロ感が出ていたので(笑)、大丈夫かなと多少心配してたんですけど杞憂でした。演じ分けよかった。はじめ彼だとは気付かなかったです。私が鈍なだけか分かりませんが(笑)。この先楽しみです、翔央くん。町田さんはコメディエンヌですね(エンヌて)。私の中では高志先輩(注:『史上最悪のデート』で風間さん演じた勘太郎の宿敵(笑))が忘れられない存在だったんですけど今回で間違いなくツートップです。いや、ある意味スリートップか......。ただ、面白いだけではないケムマキという、「1番ハードルが高い役(by村上さん)」をあれだけこなせるってすごい。町田さんのコメディーはまた機会があったら観てみたいなあ。とはいえ万年金欠なんで風間さんと共演が前提になるけど(おい)。あああと米花さんにもかなり撃ち抜かれてきました(笑)。なんかおちゃらけてるしアホっぽいけど真っ直ぐで熱くて、ダメ人間なはずなのに何故かカッコよかったんですよ。観ていて1番清々しいのはアンディかもしれない。

で、風間さんですが。早々に敗北宣言しますがやっぱりたまらなかったです。ええ白旗です。かわいーしなー。ピエールも珍しくジャニな感じ(おい)で可愛かったけどここのところ雑誌でぱっと見気付けなかったりしたから、こういう日本人仕様だとなんかホッとするよ(笑)。しかも2ヶ月半ぶりに生で見たらなんかちょっと男っぽくなった感じですよ。気のせいだろうか.....(笑)。しかし足、細っ!

まあそれに何よりなんでたまらんかったかってだってこのお芝居、風間さんのいいところ、存分に活かされてますからね!っていうか、いいところはもちろん普段は悪く出ちゃうところでさえ美味しく調理されている感じがした(おい)。風間さん出演の舞台を観ていると大体、「もっと枠からはみ出しちゃっていいのに!殻破っちゃえYO!」とか歯痒く思うことがあって(笑)、聡いところが邪魔になってるのかなあ......、みたいな印象が強かったりしたんですけど。そういうところがここではそれがちゃんとこの舞台での風間さんの強力な武器になってる。表裏一体ですね。ええともちろんコメディーだからはっちゃけてるところもあるしそこはある意味殻破ってるんですが(笑)(ていうかあんなこともできたんか風間さん......。それにマニアな声フェチにはたまらんわあれは。)、出るところは出て引く所では引く。舞台上の空気を読む力。他3人との黄金バランスを取る力。もちろん他の3人も同時にそれをやっているわけですけれど、風間さん、結構手綱引いてる感じがしたのです。裏座長と呼ばれる意味が本当によく分かりました......(笑)。やっぱり長い舞台経験、間違いなく活きているんですね。天性の物でもあると思うけど。そこを見抜いてこういう使い方(っていうと言い方悪いですが)して下さった村上さんには感謝してもしきれないぐらいです。またぜひご一緒にお仕事を(やらしい)。こういう演出家さんとの出会いは大切にして頂きたい。普通に役を与えられるのとほぼあて書きされるのと、っていうのはやはり随分違うもんなんだなあ。表情については相変わらずですし。特にぼーっとしてるところ(いや実際はぼーっとではなく中で色々考えたり感じたり呆然としたりしているんですけど。)はやっぱすごいわ風間さんと思いましたよ。ここのすぐ後の翔央くんのセリフ通りの顔でしたよ。そして妙に綺麗だった。照明効果も大きいと思うけど(笑)。

誉め過ぎたんでここから落とそう(え)。いえ嘘です。落とすっていうか気になったってぐらいなんですけど、序盤の風間さん(というか聖矢か。この名前どうしても某漫画&アニメの印象が。)の話し方がどう聞いても怠けてダラダラしてる人間の話し方ではない(笑)。チャキチャキテキパキしててあまり退廃感がなかったんで、え?そうなんだと思ったのです。どうなんだろうなあ、表面的にだらけているけど内心ではこのままではいけないという焦りがあったり、元々はしっかりさんだからああいう話し方でいいってことなのかなあ。あと、(ネタバレ反転)27歳の男が長年一途に恋、それも片想いしてるって感じはあまり出てなかったですね(笑)。普通の27歳より精神年齢幼い人たちだろうから歳はともかくとして、恋心はな。そこまでそこに重点置かなくていいってことなのか。主軸はそこじゃないもんな。しかしいつか恋心バリバリな役ってーのも観てみたいですね。本人嫌がりそうですけど。そのためには昼ドラばりな恋愛でも1回して頂くのがいーんでしょうかね。でもそうしたら仕事どころじゃなくなるだろうからやっぱりいいです(なんというファンエゴ)。あとはやはり今回村上さんの腕がだいぶ大きいところもあると思うので、あてがきではないものでももっとなんかばーんときたらいいなあとか言ってみる。

カテコ。今回あまり前情報仕入れずに行ったので何を今更な話だったら申し訳ありませんが、随分何度も出てくるんですね(笑)。7、8回は出てきたような。こういう意味でも4人芝居とかオイシイな。ぐふふ。なので風間さんは本当に何回も「ありがとうございました」と言っていた。でもその全てに魂がこもっていました。その内の数回にはなんだか気迫さえ感じられましたよ。やり遂げた人の顔をしていた。いつもそうなんだけど。いつもより一層、そう感じた。馴染みのメンバーと、だけどゼロから作り上げて、そしてそれが満足な出来だと人はこういう顔をするんだなあと。充実感に溢れた風間さんの表情を見ているとこちらまで嬉しく、幸せな気持ちになれました。ほんといい演目ですよねフルハウス。(ここからネタバレ反転)面白くて笑えるかと思えば、ダメ人間として諦めてながらも抱えている焦りや苛立ち、そして「このままではいけない」と精一杯の勇気を出して前に歩き出していく若い人のまっすぐさ。自分もあがいてる中で仲間の立ち直りにも手を差し伸べる優しさなんかがあって。見終わった時には5月の新緑の中にいる時のような、そんな気持ちになれました。これを見て自分も頑張ろうという気持ちになってもらえればというようなことを前に風間さん言っていたと思いますがまさにそんな気持ちです。

こちらこそありがとうございました。

村上さん、キャストの4人、スタッフさんに大感謝です。
素敵なお芝居をありがとうございました。

まあ、帰ってからマチネは風間さんの挨拶あったと聞いて多少凹んだんですけれども(笑)。ソワレは風間さんだけ挨拶なかったんで。あが。でも米花さんに対する町田さんの「あの人どうなの」的リアクションがいちいちツボに入ったので良しとします(笑)。それになんてったって風間さんの、両手を胸の前に合わせてお辞儀する中華風挨拶(?)みたいなのが、

めたんこ可愛らしくて連れて帰っていいですかこの生き物状態

だったので、満足です(言い切った)。まだ兵庫公演ありますけど、もうちょっとテンポ良くなるともっと面白くなる(笑える)のになあというところがぼちぼちあったので完成形目指して頂ければなと思います。その頃には風間さんの演技ももっと良くなってるだろうしなぁ......。ということで、うあああああ、兵庫行きたいぃぃぃ(無理だから)。

ということでこの辺りで感想を締めたいと思います。
最後に一言。

DVD希望!


スポンサーサイト


コメント

  1. ひこ | URL | -

    類は友を・・・なタイミング出会いでしたね^^;(ビックラでしたよ)
    マチソワしたおかげで4人全員の挨拶を聞くことができました(うふふ)
    しかし今更ながら風間さんがあんなメンコイ人だったと思い知らされる舞台でしたね
    っていうか(言葉として変かもしれないけど)『やればできんじゃん!』ってかんじで^^;
    そして町田さんはホント天才でしたね(笑)

    ちなみに反転な感想部分で今後風間さんにやって欲しい役ってとこ激しく同意です(笑)アタシは希望グローブ座です
    !いい劇場だったでしょ~(なぜかアタシが自慢げ^^;)
    さてワタクシは関西ヴァージョンを期待してまた行ってまいります(席最悪だけど・・・)



  2. かの | URL | pHFgDScA

    なんかすごく似てる人が前通ってる!と思ったら(笑)。

    風間さんはいろいろ新発見多かったですね。
    これからももっともっと見せてくれることを期待してます。

    そして激しく同意して下さってありがとうございます(笑)。
    グローブ座はほんとに気に入りました。
    なんか空間的に好きですあそこ。

    兵庫公演、楽しんで来てくださいね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。