スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『クラウディア』名古屋公演:第一幕。

2004年07月13日 23:58

えーっと、それで、ものすごく遅れ馳せですが、
やっとこさっとこ『クラウディア』の名古屋版、
一幕分のみアップしました。
二幕も近日中にアップ予定です。

ちなみに半端じゃなく長いので
ヒマでヒマで仕方がない時にどうぞ。
東京公演版とカブってる部分(主にシーン説明)もかなり多いですが、
ご覧になれなかった方のために敢えて細かく書いていたりしますので、
既に観に行かれた方でウザいなあと思われる方もいらっしゃるでしょうが、
申し訳ありませんがその点はどうぞご容赦下さいませ。

それと、未見でWOWOW放送を新鮮な気持ちでご覧になりたい方は、
なるべく放送後に読まれた方がよろしいかと思われます。
観て楽しんだ方がよいギャグネタなんかも書いてありますので。
その辺りは自己判断で宜しくお願いします。

愛知県芸術劇場大ホール

6/10(木)19:00→3階R5
6/11(金)19:00→1階9列センターブロック(新品コンタクト着用←
だから何だ)
6/12(土)18:30→3階L5
6/13(日)13:00→3階2列下手側(左側)



どーでもいいことですが開演前の過ごし方。

6/10

オアシス21できしめんを食べました。
あまり美味しくなかった...。(あれはきしめんじゃない。)
会場に入ってからは4階と5階を見学。高くて楽しかった。んは。

6/11

新品コンタクト受取り後、
スパゲッティー食べてワイン飲んでから参戦。上機嫌(私が)。

6/12

開演時間を間違えて5時に行ってしまう。
仕方がないのでスタバでチャイを飲む。
その後芸術劇場内アートライブラリーでCD聴いて時間を潰す。

6/13

お友達と風間さんのプレゼント
(飲むと愉快になる液体。てか酒)選び。
会場でプレゼントBOXへ。
休憩中に覗いたらなくなっていました。うひ。


一幕

『FRIENDS』 
 
クラウディア登場。

『女呼んでブギ』
 
障子を破って大勢の踊り子の皆さまが登場。大合唱&群舞。
  
6/10

やっぱりちょっと硬さを感じました。皆さん緊張されていたような。

6/13

しょっぱなからすごい迫力でした。並でない気合が感じられました。
全体的に音量大きめで最初は機材の音声レベルを上げたのかと思ってたら、
皆さんがいつもよりデカイ声で歌ってらっしゃったのだ
ということがすぐに分かりました。
その証拠に二幕辺りになってくると
出演者の皆さんの声が裏返っちゃうことも(笑)。
 
根国の細亜羅・ヤン・ヤンの腹心たち3人のコント。
  
6/13

小野さんがカミカミだったので大盛り上がり。
しかもその後ある場面で寺脇さんにもカミカミ神降臨(笑)。
 
『匂艶 The Night Club』
 
ナイトクラブ。幹国の皆さん盛り上がり中。
↑の根国の細亜羅以外の4人が乱入。一気に対立ムード。
まだ何もされていないのに倒れちゃう
ヘタレな小池さんチェックポイント。

『恋のジャック・ナイフ』
 
毘子蔵&おりえ初登場。
カッコ良く登場するつもりがかんでしまい、いじける毘子蔵。
幹国民になだめすかされて結局はおりえと共に素敵に登場。
刀を使った群舞。刀が揃ってキラキラしてて綺麗です。

『真夏の果実』
 
時々ヘンな邪魔が入りながらも
互いのジェスチャーを読み取る細亜羅とクラウディア。
寺脇さんと原田さんの、

「デカブツって言ったなデカブツって~」

とかのところがすごく好きです(笑)。


『怪物君の空』 
 
根国民の1人が乱闘で銃使用。
火薬の匂いをかぎつけた龍の怒りを買い、龍の子登場。
 
6/10~6/12

やはりだいぶ目が

イってしまわれていた。

6/13

眼力は割と控えめだったような。そこまでコワくなかった(笑)。
意図的だったのかお疲れだったのかは分かりませんが...。
  
二幕クライマックスとの対比を出すためだったら
ここはコワい方がいい
(というか特殊な存在感をハッキリ出した方がいい)
とは思いますがこの程度の力の抜け具合なら
最終日も私はいいのではないかと。
しかし本当にマバタキしてないなあ。
コンタクトだったら絶対無理だよね。やっぱりまだ裸眼なんだな...。
確かにそれだとパンフにあった「上で1回転」っていうのは
危ないから無くして正解かも?
 
人を吹っ飛ばす時の手の動き。
手から何か出てる感じがしたなあ(笑)。
体の動きもカクカクしてて何か
昔のからくり人形みたいでした。
人形の姿を借りた神様、みたいな...?
まあこの時点では銃を使った人間に怒ってはいるものの
彼の感情自体は抑えられているから人間程にはないし、
神親殿の操り人形のような印象を受けました。
 
銃を持った人間を念力(?)で自分の所まで手繰り寄せる時の目と手。
何だか手から見えない糸が出ているかのようでした。
そしてこれ、相手の方(多分原田さん)は尊敬します。
あの眼力をダイレクトでくらったら崩壊するなあ、私。
それはファンだからときめいちゃって、とかでなく。コワイから(笑)。

それから奪った銃を片手でぺきん。怪力。
簡単に折れるようになってるのは分かってるけど。
この時の顔もスゴイ気迫が(笑)。

もうとにかく強過ぎです。コワイです。

人間の皆さまの吹っ飛びようには頭が下がる思いです。
これがあるからこそ龍の子もより強そうに見えるだよ。


『月』
 
ゴンドラで神親殿登場。下界の人々はただただ彼女に敬服。
龍の子は東京と違ってゴンドラなし。
確かにないと風間さんは観辛いのですが、ない方が
龍の子の孤独さが色濃く出ているような気がして私はこちらの方が好みでした。
 
ハーモニカ担当は変わらず。
神親殿の向かって右側(ちょっと離れている)に座りこむ。

ハーモニカを吹く前のスタンバイ姿。
ちょっと前になると俯いてハーモニカに口を当ててる所が、いい...。
  
6/12

ハーモニカは風間さんのすぐ後ろの
ちょっと上の所に置いてあるのだとこの日初めて気が付いた(←遅い)。
そして布の入れ物の上にあるハーモニカを
ひょいと取る龍の子が何だかツボだった。


そしてハーモニカは目を閉じて吹く。静かな表情が素敵です。
ここで突然ですがハーモニカの腕前チェック(笑)。

6/10

出だしの音がハーモニカに何かが詰まってるかのように
小さくて自信なさげだったのですが
初日だからちょっとビビってたんだろうか...(笑)。
でも東京の時よりは上手くなったね、とは思いました。

6/11

4日間で1番(略)。
リズム(シンコペーションのところ)を間違っちゃったので
その後も動揺が残っていたようでグダグダに。私も手に汗握りました。

6/12

4日間で1番堂々と吹いていました。
音も大きくてのびやかだなと思った。
前日に間違ったので開き直ったのかもしれないけど(笑)。
それか風間さんのことなのでリベンジ魂に火がついたのかもしれない。
真相は本人のみぞ知る、ですが。

6/13

この日が1番上手かったです。
堂々っぷりは前日の方が上でしたが
音から音への移り変わりの中にある装飾音のようなもの
(例えばドからソへ上がる時に間にレミファがごく短く入ったりする、アレです)
の入り方が1番綺麗でした。
何か技が光ってたんですよね(笑)。
それに音は小さめだけどどこか寂しげな感じで
龍の子のハーモニカとしてはこの日が1番イメージ近かったかな、私は。

 
吹き終わるとうずくまって彼女の歌を黙って聴いている。
「静」の表情にただただ見とれるばかり。
姉である神親殿を絶対的に信頼している無垢な様子が窺えました。

でもかなり暗いので正直あまり見えない。←おい

神親殿と龍の子が去ってからみ国の皆さんが
「今日は何人切ったか」というお話をします。
小池さんは「7人、いや8人だったか」とか答えますが実は斬った人数ではなく
斬られた人数でした(笑)。
 
おりえさんは18人。強いお姉さまって素敵(はあと)。
それだけ斬っても刀は無傷。さすが名刀。
というようなことを言いますが実は通販で買った安物なので
この後あっさり壊れてしまう(笑)。
しかも毘子蔵に踏まれる。おりえさん、大激怒。
 
6/12

刀が本来壊れるべきタイミングより
かなり早く折れてしまいました。
何度も使ってるから折れやすくなっていたのかな...(笑)。
    
『汚れた台所(キッチン)』
 
根国と幹国の互いへの闘争心がよく表されている場面。
国と国とのガチンコ勝負というか気合合戦というか。

ちょっとずつソロ取ってる人たちの歌声がパンチ効いてて素敵。
対決ダンスみたいなのがカッコいいなあ。こういうの好きだなあ。
ジャニオタの血が(以下略)。

何気なく上空にゴンドラに乗った神親殿。
胸に青い花(えやみ草。検索してみたらりんどうのことらしい。)
を持って根国と幹国それぞれの方向を向いて見守ってます。
  

『FRIENDS』
 
クラウディアが、国の子供がどのようにして生まれ育つのかを説明。
そうやって親の顔も知らず、
それゆえに寂しさも感じずに育った自分には「何か」が足りない。
いや、足りなかった。細亜羅と出会うまでは。
そして細亜羅に出会えた喜びをかみしめる。

『栞のテーマ』
 
細亜羅とクラウディアの2人がバカップルぶりを大発揮。
「温泉卵の白身みたいなの」
「確かに『普通』じゃないね...」
「残りゲ○」「グッドテイスト!」
などとにかくギャグ満載です。

石投げ(川面に投げて何回か跳ねさせる)をする2人。
最初は普通に飛び、2回目は飛びすぎて円を描いて2人の所に戻ってくる。
しかし既にノーマルな最初の石投げから毎回かなりウケてたんですけど、
これが私にはかなり不思議でした。
2回目のでウケるのは分かるんだけど。
リピーターが多いのかと思いきや
周りは結構新鮮な反応多かったのでそうでもないようだし。

その後2人でじゃれる時の細亜羅の

「ウフフッ」「アハハッ」

って笑い声がもう強烈に可笑しい。
寺脇さんはさすがだなあと毎回ここで思いました。見方間違ってる?(笑)
 
一通りいちゃついていると(何かヘンだなこの書き方)、
毘子蔵率いる幹国メンバーが4人草むらから出現。
おかしな格好で曲に合わせて左右に揺れている皆さんがとてもオチャメ(笑)。
しかも何と新体操のリボンをくるくるさせながら出てきて
2人の周りをグルグル回る。
段々ウザく思い始めた細亜羅に「目が回るんだよ!」と毘子蔵がどつかれる。
 
毘子蔵の『女王バチ(クラウディア)と働きアリ(細亜羅のこと)』発言に
細亜羅の「虫変わってるよ!」ツッコミ。
ここでいつだったか私の隣の席の人が
「気付かなかった...」と独り言(笑)。

毘子蔵の上記の言い間違いの原因(言い慣れないのに無理したから)を
必要もないのにわざわざ説明して毘子蔵にどつかれる小池さんチェックポイント。

その後毘子蔵が、

『働きバチ』の中の20%は実は働かないハチなのに
そいつらには名前がないので「何となくサボってるバチ」になってしまっている。
だから彼らは堂々とサボることができない。


という、
「ふーん」としか答え様のない話を延々とします(笑)。
そして最後に「どうしたらいい?」と訊かれた細亜羅は当然の如く
「しらねーよ!訊くなよそんなこと」と一蹴。

すると毘子蔵が「お前には死んでもらう」みたいなことを言うんですが、
それに対しての細亜羅の

「え、死ぬの?今の

何のタメにもならないような話で?」


って言うのがすごく面白かった...(笑)。

しかも毘子蔵以下幹国の皆さんの攻撃がやはり新体操リボン。
それではもちろん死ねません(笑)。
 
気を取り直して(?)刀で攻撃。
「こんな争いもうやめようよ」とか言いながら斬られそうな細亜羅ですが
そこへ根国の皆さんが助けに現れます。
その際クラウディアを人質に。
逆に細亜羅は幹国の人質にされます。ということで

「花いちもんめ」勃発。

「相談しよう」「そうしよう」の後、
相談に夢中な根国陣からこっそりクラウディアを取り返す幹国(笑)。
「決ーまったっ」で振り返って幹国陣にいる彼女を見て驚く根国。
「お前らいい歳した大人が『決ーまったっ』って...、バカだろ?」と毘子蔵。

本当にバカだ(笑)。

この後人質の細亜羅に逃げられた毘子蔵をヤンが
「毘子蔵、顔もながーいぞうっ!(←韻を踏んでいる)」とどつきますが
ここの平沢さんはいつもかなり楽しそうでした(笑)。
 
根国・幹国の陣営で細亜羅とクラウディアがそれぞれ責められる。
幹国ではクラウディアのえやみ草の形のアザを見た毘子蔵が
ちょっと変わった様子を見せます。
自分も衣装を脱ぎだしたので「まさか毘子蔵にも同じアザが?」と思った一同ですが、

「リバーシブル!」

の一言に全員脱力(笑)。ここ好きですね~。


2台の和太鼓演奏。息の合った演奏で素晴らしいです。
これはかなり練習されたんだろうなというのが聴いてよく分かる演奏でした。
合間の掛け声が少し小さいのが惜しい所だと思ってたんですが、
最終日は声も大きくなっていて迫力があってよかったです。
 
『DING DONG(僕だけのアイドル)』
 
この曲の導入部(ドンドコドコドコっていうリズム)がすごくカッコいいです。
ここの群舞は生きている人間1人1人のパワーのようなものを感じます。
神親殿にコントロールされていたり龍の子に蹴散らされたりする、
ちっぽけな存在に見える人間たちですが、
それでも力強く生きている。

クラウディアの語り。子孫繁栄の儀式について。

『東京』 
 
赤っぽい照明の中で大勢の男女があんなことやこんなこと。
皆さんの体の動きがとにかくエロエロです。
だからといって目のやり場に困っちゃう!
なんてこともなくマジマジと見ましたが(笑)。

途中で青っぽい照明に変わって、
皆さんそれぞれ体に光る花のボディペインティング(?)をしているのですが、
美しくて幻想的でこれはなかなか好きな演出でした。

女性の皆さんが脱いだ白いパンツが何枚も空を舞うのは面白いですね。
 
6/12

別に舞台上の話じゃないですが隣が親子3人連れだったので、
このシーン観てお互い気まずくないのかな~
とか余計な心配をしてしまいました(笑)。


(おまけ)休憩中。
 
6/10

ホールの外にラウンジがあるのでコーヒーでも飲もうかと思ったけど
やはりちょっとお高めなのでやめて携帯から日記更新。
 
6/11

ど真ん中だったので人をかき分けて出るのもめんどくさくて席で待機。
そしたら後方から若い子の声で
「このJr.の子は『金八』に出てたよね。クラス仕切ってた役で」
と聞こえてきたので心の中で「そう、そう」と相槌を打ってたら、
その子の連れの子が

「ああ、金髪の子だったよね」

と言ったので、席でひっくり返りそうになりました(笑)。
しかも相手の子は別にその発言を否定もしなかったんですけど(笑)。
金髪って言ったら幹洋だけど別に仕切ってなかったしなあ...。
    
また、誰か男の子が

「遊戯王!」

って言ってた。ほんとに。


6/12

とにかく立ち上がりたかったのでいろいろブラブラする。
グッズ販売チェックなど。せんべい買おうかと思ったけどやめた。

6/13

開演前に入れたプレゼントBOXがどうなっているのか見に行った。
すっかり空になっていた。もう運ばれたのか...。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。