スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヅラリレー。

2005年05月22日 03:01

金曜に生田のヅラを見て土曜は風間のヅラを見る。

どうでもいいことですがヅラ姿の生田はどうも
私の知人にすごく似ている気がしてなりません。
一直線なイタロウさん、なかなかハマっていらっしゃいました。
とはいえ16歳役にはビックリでしたけど(笑)。

で、道中ですが、

とにかく金太がカッコよかった。←まずそこか

お重さんがステキなのはまあいつものことなんですけど、
道中で金造さんがあそこまでカッコいい役をなさるのは珍しいのではなかろうか
とつい思ってしまいました(笑)。
でも、風間が出てない他の回では案外そうなのかもしれないしなあ。
そして「店より気分」のお由紀さんにも惚れそうでした。

それと最後の2幕2場のシーンは
お囃子や太鼓に合わせて皆さんがステップ踏みながらのお芝居という、
今まで私が見た道中にはなかった感じで新鮮でした。
ああいうのいいなあ。面白い。

お話もてっきり最後は金太が家に帰ってお重と所帯を持つ
というありがちな終わり方なのかと思ったら、
そうではなくって、そういうところも良かったです。
今はまた別れてもいつかは...、と希望が残るのもニクイ終わらせ方かと。

風間さんツボとしましては。

・OPの2本指の1本を倒すってのはひねりましたね。
・最初の恐竜のような泣き声にはビックリしたよ...(笑)。
・木の下の石段に上る時にチラリと見えたおみ足の白さにまたビックリ。

・石段に上った後にバランス崩してヨロけてたのは
 縄を木にかけようとしてとか動揺した気持ちを表してるとかの芝居なのかそれとも
 素でスッコけそうだったのかが気になるところ。

・「ところでおめえ、(ここで何してるんだ)」と金太に言われた時の
 「何を訊かれるのかな?」って感じの一瞬の表情がウマイなあ。

「うちの蚕はいい繭を作るんだ。そしていい...絹糸ができるんだ」のところって、

 随分と長い間ですね。

 まさか...。いや違うよね、うん(笑)。

・金太と健吉が25両を俊助に譲ろうか相談している時に
 横でやってる首吊り予行演習の小芝居が最高です。
 ご丁寧に咳き込んでるし。細かい...(笑)。

・家に帰ってきた俊助が
 お重さんにだけ金太のことを話そうと駆け寄るところの走り方にハートを奪われる。
 あんな短距離でも走る風間ってやはりステキだ...。

・しかしあれだけ帯を毎回押さえてると、実はあの手を外すと

 パ○ツでもずり落ちそうだったりするのか

 と気になって仕方がありません。←最低

・お松がいるのに気付いて
 「何でお松姉ちゃんがいるの?25回目だよ、帰ってくるの」
 って言ってますけどこの言い方が何かまるで、
 アメリカのホームコメディードラマ
 (例えば『ファミリータイズ』とか←古)の吹き替えっぽく聞こえる

 のですが気のせいなんでしょうか。
 ここ、かなりいいと思うなあ。お気に入りです。

・風間ツボじゃないんだけどタヌキになってる笹野さんの動きが
 ハンパじゃないぐらい敏捷なのには驚きを禁じ得ません(笑)。
 しゃがみながらどうしてあんな高速移動できるのか。
 ちなみにフットワークといえば阿南さんもすごかったです。

・「殺菌作用がお茶にはあるらしい」の前の
 風間さんのカクカクした動き
 やはり龍の子で鍛えられたのでしょうか(笑)。

コケてる!←別にただそれだけ

・命をかけて金太を守ろうとするお重さん。
 「誰かのために死ねること...」
 ん?あれ何かどこからか幻聴が...。←重症です

・最後の「いただきまーす!」って風間さんの声、

 デカいですね...(笑)。

 やはりこの人の声はよく通るんだなあ。

・トークでの繭の長さについて話してるところの金造さんと風間さんは
 突然当てる先生と当てられて動揺する生徒の図にしか見えませんでした(笑)。
 しかしここでの風間さんの「エーッ!?」はだいぶくだけてますね。
 というかもうすっかりこのメンバーの中に溶け込んでいらっしゃるようで何よりかと。

・羽二重を撫でる風間さん。腕もまあ、白いすね...。
 しかしここはそれよりもやはり

 上目遣いに注目ですよ。

 何だこの生き物。連れて帰りたいんですけど。

・英輔先生の絹のパジャマの話を聞く風間さんの目を見てると、来月の雑誌とかで

 「いま俺、絹のパジャマにハマってるんだよね」

 などと言い出しそうな気がしてきます。
 うん。きっと私は風間さんを激しく誤解しているに違いない。

・手は振らなくても「ありがとうございました」の口パクを見ると
 ああやっぱ風間さんていいよなあと思います。シミジミ。

そういえばジャニファンではない友達が
今回の道中を観てくれて放送中にメールをくれました。
いきなり『怪物くんの空』(←現在メール着メロ)が
大音量で流れたので驚いたの何のって(笑)。
そんな彼女の感想は、

・格好が似合っている
・声が素敵


の2点でした。うーん。

よくぞ、そこ(=声)に触れてくれました。

今回は特に声が素敵だったと私も思います。
弟キャラだったからかいつもより意識して高めに出してましたね。
とってもカワイカッタ...(泣)。
やはり風間さんの弟キャラは最強だと思う。

それに今回特に、
コメディー演技がだいぶ自然になってきたというか、
何かを掴んでるな、と実感しましたね。
見てて全然くどさを感じないし危なげもないし。

こうして1歩1歩着実に弱点を克服していって
ずんずん伸びていけるところが風間さんはすごいんだよなあ。


そういう意味でもこの道中という長期間のお仕事は
風間さんにとって遊戯に負けないぐらいの素敵な巡り合わせであると思っています。

本日のおまけ。

実は英輔先生と杉作さんがかなり好きです(カミングアウト)。
 
スポンサーサイト


コメント

  1. まうみ | URL | n3C3tgxw

    ハジメマシテ、かのさんっ。
    まうみと申しますぅ。いつもこっそり楽しませてもらってます(笑)
    「ファミリータイズ」の言葉に反応し、お邪魔しちゃいます(バカ)。
    懐かしい…マイケルJフォックス~っ。
    もちろん、声は宮川一郎太さんでね(笑)。
    お重さんと俊助さんの2人芝居って、割と多いですよね~。
    このコンビ、結構好きデスー。

    風間さんにとって「声」は最大の武器でもあるし、
    これからもどんどん活かしていって欲しいですね~。
    来月の雑誌…楽しみですね(爆)。

    お邪魔しましたー。

  2. かの | URL | pHFgDScA

    はじめまして!まうみさん。
    私の方こそコッソリお邪魔させて頂いてますのでビックリでした...。

    お重・俊助コンビは私もかなり好きで
    中でも姉弟バージョンが1番のツボです。いいですよねあの感じ。

    そして分かる方がどのぐらいいらっしゃるのか
    と書きながら多少不安だったりした「ファミリータイズ」ネタに
    しっかり反応して下さってアリガトウゴザイマス(笑)。
    まさか道中で「タイズ」のデジャヴを見る日が来ようとは...。
    一朗太の声はもう最高でしたけど、風間さんもほんと素敵な声です(ウットリ)。
    いつの日か風間声のマイケルも聴いてみたいかも。
    マイケル好きの風間さんですからきっとノリノリでやってくれると思うんですけどね(笑)。
    そういや風間さんは見たことあるのかなあ、「タイズ」...。

    あ、雑誌は本当にそう言ってたら多分、
    風間さんのこと尊敬しますね...、いろんな意味で(笑)。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。