スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たからもの。

2004年10月20日 21:37

こないだ10/13付のツダケンさんのコラムを読みました。
遊戯王DMというお仕事が終わったことについてのお話だったのですが、
読んでいてやっぱりじんときましたね。

風間さんのお名前がハッキリ出ているわけではないのですが、
すべてのキャスト・スタッフ宛のメッセージってのがありまして。

これを読んで、この4年半で風間さんが得たものは、
声優さんとしての技術や演技者としての経験
というものだけではなかったんだなと。

クラウディアの時にも得たような、
1つのものを共に作り上げた仲間との連帯感というか、
人と人との繋がりっていうものをこのお仕事でも得ることができたのだな
と思ったら、何だかすごく嬉しかったんですよね。
ツダケンさんとはまた何かで共演の機会があればいいなあと思います。
実写でもいいから!←「でも」って何だ(笑)

ちなみにツダケンさんは、
海馬というキャラが皆さんの記憶に残るといい
というようなことも書いていらっしゃいましたが、むしろあの方は、
なかなか忘れるのは難しい人だと思いますよ、絶対(笑)。

新シリーズのGXは何故か今でも見ていますが(笑)、
実はあの主人公(十代)の性格は結構好きです。
ゲームネタで恐縮ですがもしFFで言うならば
十代はジタン(9)って感じなんだけど、
私はFFシリーズ中ではジタンが1番好きな主人公なんですよね(笑)。
普段は明るくて軽いヤツっぽいのにいざという時はバシッと決める、みたいな。
なのであのゲームEDには泣いたな...。
あのギャップにはちょっとヤられる。
とことんギャップ好き(笑)。

こう書くと城之内っぽいですが
あの人は何だかんだ言って基本は硬派だからちょっと違うんだよな~。

って、こんなにこのネタで語るつもりではなかったのに。
お粗末でスミマセン。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。