スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々にハマってるなあ...。

2005年08月14日 01:41

先週は風間さんの嬉しいビッグニュースがあったりで
ちっとも触れていませんでしたが、まだ毎週観ています。
で、どうもこの『女王の教室』を観始めてからだんだん、

天海さんがかなり好きになってきてしまいました(告白)。

アリコの宣伝なんか見かけるとドキッとするぐらいに(笑)。
こないだ番宣で『メレンゲの気持ち』に出られてたのも観たのですが、
もうすごくお綺麗でした。お顔はもちろん雰囲気がね...。

ということで、本日も『女王の~』の前に、
『世界一受けたい授業』という番組にやはり番宣のため出演されていたので、
これも観てみたんですけど。番組自体が結構面白かったです。
金八で本田先生役の高畑淳子さんも御出演でしたし(笑)。

毎回先生が3人来るようで、
1人目のコミュニケーション論の方と3人目の心理学の方の授業も
すごーく興味深かったんですが私的に大注目だったのは、

2人目の音楽の青島先生

でした。
この方いらしたのは2回目らしいのですが初回も私観てたよ...(笑)。
今回は何が良かったかって、題材としていろいろ取り上げた曲の中に、

シューベルトの『魔王』

があったことですね(笑)。
この曲、昔中学で音楽の時間に鑑賞したことがありましたが、
もう教室中大爆笑の嵐だったんです。いえ、いい曲なんだけど。

お父さんが走らせる馬に一緒に乗ってる病気の子供が道中、
魔王に気に入られて連れ去られてしまう(命を奪われてしまう)
というお話の歌劇なんですけれども。
野太い声のおっさん(歌手)が
「おとうさんおとうさんこわいよー」みたいなことを歌い上げる
ので、
中学生っていうささいなことで笑えるような年頃だと
すごく笑いツボにはまっちゃう曲なんですね、実は...(笑)。

で、すごく懐かしい気持ちでいたところ、
これを青島先生伴奏のピアノに合わせて
ゲストで演じる(朗読する)ことになりまして。
配役も青島先生から発表だったんですけど、
お父さん役の説明の、
「この人ちょっと鈍感なところがあるから」というのにまた大ウケでした。

そうなんですよ。子供が魔王の声を聞いてすごく脅えてるのに、
お父さんはずーっと気付かないんですよね...。
「景色がそう見えるだけだから」とか「風の音だから」とか
トンチンカンな答えをし続けるので聴いてる方としては、
「気付けよ早く...」って感じなんだよね...(笑)。

そして配役は結局、

語り  →高橋英樹さん(桃太郎侍みたいだった。)
お父さん→有田さん(お笑いの)
子供  →小池栄子さん(子供声が結構いけた。)
魔王  →天海さん


でした。
この天海さんの魔王がね、また素敵だったんですよ...(ぽやーん)。
こんな魔王なら連れ去られてもいいなー、うん。←おい

それでこの番組が終わると『女王の~』本編でした。
今回はほとんどエリカが主役って感じでしたけど、
彼女が追い詰められた辺りとかはやはり見応えありました。
エリカ役の子、上手だったなあ...。
というかこのドラマ、子役はみんなスゴイと思います。
学校ものは子役が入りこんでると引き込まれますね、やっぱり。

今回でエリカと和美が仲直りして(ほんとによかった...(涙)。)、
クラスのみんなが団結してくかなという方向が見えてきたので、
こっから先生への反撃が始まっていくんでしょうかね。
いよいよ折返し地点ということで。楽しみです。

あと、今回でハッキリ分かったのは
やはり阿久津先生はただの鬼教師ではないということでした。
さっきの番宣出演番組でも最初に役についてきかれた天海さんが、

「私は阿久津先生は子供たちにすごく愛情を持ってる人だ
 というつもりでやっています」


というようなことを仰ってましたし、
エリカを諭すところでも厳しい中に優しい表情が見えましたからね。

今の子供たちに自分たちの力で自分たちの人生を
しっかり生きていけるようになるための強さを身に付けさせること
が、
彼女の最終的な目標なんでしょう、きっと。

それにしてもあの人の
再教育センターでの空白の2年間とそこに至ることになった理由
というのがとても気になってます。うう、土曜日が待ち遠しい...。

スポンサーサイト


コメント

  1. ひこ | URL | -

    『魔王』って今でも中学校で習うんでしょうかね?
    私が習ったときの教材(日本語)の歌っているのがファンファン大佐じゃないかと、クラス中が違った意味でざわついてた記憶が(苦笑)
    そしてこの『魔王』を歌のテストの教材にする先生も凄いと思った。
    いくら低音が得意な私でも出ないから(汗)

    『女王の教室』私も見ています。なんか色々賛否両論巻き起こしてるみたいですが、最後まで挫けず頑張って欲しいものですね。
    ドラマより現実の方がよっぽど凄いと思いますけど・・・
    そしてドラマと現実の区別を教えてやれない大人のほうがもっと問題でしょうけどねーー;

  2. かの | URL | pHFgDScA

    魔王、今日自分より4つ若い子に訊いてみたら
    その子は知りませんでした、アッハッハ。←玉砕
    だから今の子たちはもう習ってないんじゃないでしょうかね。
    あと私が習ったのも多分その教材でしたが流石に
    ファンファンという噂は出ませんでしたよ。ていうか、全然声違う...(笑)。

    女王はあのー、大変みたいですね、いろいろと(笑)。
    でも脚本は変えて欲しくないなあ。あのまま最後まで観てみたい。
    ああいうのは毒にもなれば薬にもなるものだと思いますから、
    親子で一緒に話し合いながら観るのもいいんじゃないかと
    個人的には思うんですけどね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。