スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青春やね。

2005年09月28日 00:43

今年もシンクロ観ました。

鈴鹿高専、ダントツでしたね。
やっぱり「魅せる」ということを心得ているところが強みかと。
観客に飽きさせないように工夫を凝らす「思いやり」の勝利かな。
予選とファイナルで2回観ても楽しいですもん。
特にファイナルは照明効果も考えていたというのに脱帽。

準優勝のとこもそういう点ではウマかったと思います。
名門水泳部ということで泳ぎが綺麗ですし。
最初は動きを揃えるのに苦労していたようですが、
あの時点からあそこまでできるようになったというのはスゴイ。
スピンとか。カッコよかったです(笑)。

負けちゃったけど京都の高校の演技も好きでしたよ。
あまり派手な技はなかったものの、
フォーメーションチェンジとか流れるようで美しかったです。
大技たくさん入ってても流れがブツギリだと台無しだし。

フィギュアスケートなんかでもそうなんですけど、
技と技の間のスケーティングが滑らかで
演技全体に流れがある人の方が好きなので...。

うん、そこはまあ好みの問題なんですけれどね。

でもシンクロだけでなくいろんな青春模様があるので、
やっぱ若いっていーよなーと毎年思います(笑)。
いやいや、まだまだこれからよおいらだって。←...え?
スポンサーサイト


コメント

  1. まうみ | URL | n3C3tgxw

    「若い」ってイイよね…(遠い目)…いやいやまだまだこれからさ(笑)
    見る側を飽きさせない演出、素晴らしかったですよね~。
    準優勝のところも、ジャンプとか高くて凄かったけど、
    「魅せる(見せる)」という点では、さすがは優勝校って感じでしたね。
    「間」というか、「呼吸」ですかねー?
    リズム感もあるかな?て思うんですよね。なんとなく。
    演技してる自分も楽しいけど、見てる人も楽しんで欲しいって気持ちは
    大事ですよねー。うん。思いやりが大事ですよ。

  2. かの | URL | pHFgDScA

    そですね。あの「呼吸」で、
    こちらをグッと引き込むテンポ感があったと思います。
    自分が楽しむのももちろん大事だし大前提ではありますが、
    やっぱ表現する人は「観られてる」ということを意識するのがとても大事
    ってことでしょうね。その上でのサービス精神というか。
    そうすることでもっと上を目指せるのではないかという気がします。
    ってどうしてこんなに熱く語ってるんでしょうね私は(笑)。はて。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。