スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『世直し順庵!人情剣』第7話感想。

2005年11月28日 23:53

久しぶりに見たなあ、岡本夏生さん。

うーん、そうですね。
まずは清さんツボでも...。

おふじさんの遺体を囲んでいるところの
清さんのお顔はとてもサスペンスチックでした。
火サスの音楽でも聞こえてきそうだった(それ他局だし)。

そして順庵先生の手伝いしてるところなんて
随分と助手っぽくなってきましたよね、清さん。
第1話の時はお世話になって2ヶ月みたいなこと仰ってましたが、
今現在はどのぐらい時間が経過しているんだろう。

それと、水を取ってくるよう言われての
「あ、はい」という返事がすごく自然に聞こえました。
何か風間さんの声じゃないみたいだったよ。
いえ別に普段の風間さんの声が不自然
とか言ってるわけじゃないんですけど(笑)。

酔っ払って帰ってきた先生と吉松を迎えるところ。
立派な医者になれるかどうかは
おみっちゃんの方が清さんよりよっぽどまし
と言われての「ええ?そんな!」みたいな顔もよかったです。
ともすると作り過ぎやすいような表情もやり過ぎずに、
それでもちゃんとそういう味は出ているというのが
近頃多くなってきているような気がするのですがどうなんだろう(笑)。

おみっちゃんも加わっての吉松さんとのドタバタもいい感じだなあ。
これからこういうシーンは毎回1度は入るんでしょうか。
そうだといいのになあ(笑)。で、ここで吉松さんに、
「(おみっちゃんに)抜かれるぞ」
とか言われてるけど、ん?抜かれるも何も、
もともとおみっちゃんの方が清さんより先輩
じゃなかったでしたっけ...?あれ?

そしておふじさんの体から出た水と採取してきた水を見比べる時の、
清さんの横顔がシャープでいいです。
普段抜けてる清さんとこういう時の清さんのギャップが
もうたまりませんて。←ギャップ好き

1番ツボだったのはこの後。
おみっちゃんが「おふじちゃん」とつぶやいたのを聞いた清さんが、
彼女の方をふっと見るところかな。
「こういうお芝居の段取りだから見る」とかでなく、
清さんの気持ちに入ってるからこそ見た、
というような感じがしてすごく良かったなと。
藤田さんや内藤さんは全体的にそういう感じがするので、
近くでお仕事されてそういったところを吸収されたのかな
と勝手に妄想してしまいました。そうだといいな、うん(笑)。

ここ以外でもそう思うところは割とあって、
今回はセリフもそうなくて聞いてるだけのとこが多かったですが、
話し手が変わる度の、それぞれに対しての視線の向け方
なんかがとてもツボに入りました。
そういう意味では出番が少なくても楽しめた回だったかなあ。

それからツボというよりビックリしたのが
「大奥って女でも入れるんですよね」とおみっちゃんが言った時の
清さんのびっくりまなこでしょうか。
あの黒目、通常の何倍でしょうか。3倍...?(笑)

もっと驚いたのはやっぱりあのアップですよね。
すっかり油断していたものだから、
ウッカリ食べてたキムチ納豆御飯を床にぶちまけるところでした。
うおーい!こんなところで恋心表現ですか!
口が動いてるのはただ動かしただけなんだろうか。
どうも私には「おみつ」と言ってるように見えて
ちょっとした衝撃だったのですが(笑)。
普段は「おみつさん」って呼んでるからやっぱ考え過ぎなのかな~。

その後おみっちゃん大奥潜入について
反対意見を述べる清さんですが、ここは聴き惚れますね~。
声が素敵なだけでなく淀みがなくて素晴らしい。
好きな女性を危険な場所へは行かせまいという男心
バッチリ感じさせて下さいまして、
もう実におみっちゃんがうらやましいですよ!(笑)

おみつ日記によるとここは最初台本では
順庵先生が大奥入りをおみつに勧めて
反対なのは清さんだけだったみたいですね。
確かにそれだと順庵先生ひどい!って思ってしまうかも(笑)。
まあとにかくここの清三郎さんはカッコよかったです。
あとEDで書き物(?)してる清さんも!

とはいえお話全体としては風間さんの出番は関係なく、
今回は「うーん」って感じだったかな。
大奥に潜入したおみっちゃんの勇敢さとか可愛らしさは
十分に堪能させて頂きましたが(笑)。
そうそう、大奥にやってきた順庵先生とおみっちゃんが、
アイコンタクトを取るところの瑠璃亜ちゃんの目の演技、
ぞくっときましたね~。すごくよかったと思います。
あの一瞬で、ひょっとしたらおみっちゃんは、
順庵先生の裏のお仕事でもすごくいい助手になるかもって気がしました。

ただね、今回のお話、いつも以上に、
順庵先生が始末しに行った動機がよく分からないというか。
もちろん女の子2人も殺しちゃってる悪人ではあるんだけど、
今までに比べると話がだいぶあっさり流れてっちゃったように感じたので。
針シーンもあっという間だったしなあ(笑)。
あれって、やっぱり針は内部に深く入っちゃうから発見されない
ってことでいいんでしょうか?
それにしたってスズメバチに刺されてってのは
どうにも無理があるんじゃないかと思っちゃうなあ...(笑)。

そんな感じでした。
次回は榊原さんの恋話も出てきそうですね。楽しみです。
スポンサーサイト


コメント

  1. yu-mo | URL | -

    風間君のお芝居を見られるという点では嬉しいのですが、お話はうふふって感じでしたよね。
    でも、私順庵先生が始末した後、医師を探している女中達に「はい、はい!!」って手を挙げるところが授業中の子供みたいで可愛くって好きでした。
    あと、順庵先生とアイコンタクトを取るおみっちゃんの雰囲気、私も「おっ!」と思いました。瑠璃亜ちゃん若いのに貫禄ありますよねー。

  2. さえ | URL | -

    清様のお返事「はい」はどれも本当に見事ですよね。今回の「あ、はい」もすごく良かった。一話から「ハイ」ばかり編集したいくらいです(笑)。どれくらいのパターンがあるんだろう、と。

    ドアップシーン本当に風間さんの得意技でしたね。「幸作・・・」を思い出してしまいました。声に出さずつぶやく攻撃とでも言いましょうか・・・ってまんまですが、清様が風間さんに見えた瞬間でした。

    でも、色々言いつつ楽しいんであと二回で終わるのは淋しいです。

    とてもタイミングがずれてしまいましたが、お風邪の方は大丈夫でしょうか?すごく乾燥してひきやすくなっているそうなので、ひどくならないといいですね。

  3. かの | URL | pHFgDScA

    > yu-moさん

    あ、そこの順庵先生、可愛かったです、確かに(笑)。瑠璃亜ちゃんはお芝居的にはアイコンタクトのところがよかったけど、その後廊下を歩きながらちらっと先生を振り返ったとこに私も貫禄を感じました。15歳には見えなかった...(笑)。話し出すと年相応の感じのするお嬢さんなんですけどね。って、あれ、ここまで風間さんの話、全然してないなあ(笑)。←おい


    > さえさん

    「はい」ってセリフはたくさん出てきますが、それぞれ言い方を変えてらっしゃるのでこのドラマではその辺りがすごく楽しめますよね。「『はい』オンリー編集」ですか、それいいかも...、つってもぐうたらなのでとてもできませんが(笑)。
    つぶやき攻撃(笑)は、何か特定の言葉を話してるというわけでなく、もしかして、「思いが溢れちゃって(@情熱)つい口が動いちゃった」って感じなんでしょうかね?そういやつぶやき攻撃といえば、順庵に関係ないんですが、いまだにパトカーで連行される健ちゃんが振り向きざまに何てつぶやいてるのかが分かりません(笑)。あれも特定の言葉とかはなかったのかな...、う~ん、謎です。
    風邪の方、ご心配頂きましてありがとうございます(ぺこり)。大体落ち着いたのですが風邪のヤツはまだカウント8で立ちあがってきそうなので油断せずに倒してやろうという状況です(笑)。いよいよ冬本番に入ってくる季節ですのでさえさんもどうぞお気をつけ下さいませ。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。