スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心臓止まるかと思った。

2006年01月22日 21:48

昨日ブロードキャスターを観ていたら、
コメンテーターに石田衣良さんがいらしていて、
ラ○ブ○アのニュースにコメントをしてらっしゃいました。
タイムリー過ぎてビックリした(笑)。

そしてリンク1件追加いたしました。
楓さんの楓日和さんです。
風間さんより1学年下ながら
ベテラン7年ファンさん(先輩ですな...)の
できたてほやほやblogさんです、ハイ。
ということで、よろしくお願いします。

さて今日は演奏会の感想をのんびり書いて、
アキハバラ@DEEPの原作をゆっくり読もうと思っていたのに
ウチのじいさん猫が大変なことになり、
予定が全部とびました。もうそんなこと言ってられなかった。

そもそも昨日帰ってきた時に母に、
またお尻から血が出たのでお医者に連れて行って
消毒してもらってお薬もらってきたよって話を聞いたんですが、
前にも2度程そういうことがあって
特に命に別状があるようなものでもなかったので、
あ、またなんだ...。ぐらいの感覚でした。
で、猫に薬を飲ませたわけなんですが。

その後、夜中の1時から6時間ぐらいおきで3度、
見たこともないような痙攣の発作がきて茫然。
確かに今まで寝ている時なんかには
顔がちょっとひくひくするぐらいのはあったけど、
今回のはもう全身がすごいスピードでびくんびくんして、
このまま止まらなかったら死んじゃうんじゃないかってぐらいで。
思わずぎゅっと抱き締めたら1分ぐらいで落ち着いてきましたが、
すごくツラいだろうしどんなに怖いだろうって思うと...、
もうかなり泣けてきました。何でこんなことに...。

まさかお尻の病気関連で痙攣ってのも考えにくいし、
薬やってからだから薬がアヤシイのかも
と母と言い出したので成分をネットで検索してみました。
そうしたら確かに副作用にまれに痙攣があるらしく。
もう1度目の痙攣が起きた時点でコワイから
それ以後は飲ませてなかったんですが、よ、よかった。

それから病院へ連れていって先生に相談してみたら、
薬が合わなかった可能性は確かにあるから
お尻は塗り薬に変えて様子を見ましょうということで、
それでも直らなかったら脳に腫瘍なんかがあったり
他に原因があるかもしれないので検査した方がいいですね
ということに落ち着きました、ふぅ。
まあまだ薬のせいかは分からないけど、
これで治ってくれるといいのですが...。

しかし帰ってきてこれを書いてる最中にも
ついさきほど痙攣発作が...。
そして今、家の床には新聞紙が敷いてある。
発作がくるとあの子失禁してしまうんで...。

でも今度のは時間感覚広がってるし
30秒ぐらいで終わったので良くなってきている気がする。
うん、そうであって欲しい。
明日には落ち着くといいんだけどなあ...。
スポンサーサイト


コメント

  1. まうみ | URL | n3C3tgxw

    わ、あの人、石田さんだったのか!がひょ~ん。
    しょっぱなから見てなくて、BGM状態にして付けてたので、
    「この人は誰?」と思いながら、本読んでました(爆)。
    わーぉ、、タイムリーだなぁ。
    本、読み終えました!面白かったぁ~。
    ページはすごい難しい役だけど、今から楽しみで仕方ないっ。

    猫ちゃん、大丈夫?元気になってますように!

  2. かの | URL | pHFgDScA

    私もテロップで見てうぎゃっとなりました(笑)。この人があれを書いたのかと。

    そして読了おめでとうございます!
    私も今日1日猫の付き添いしながら読み終わりました。
    ページだけでなく、アキハバラ@DEEPの結束力の強さがいいですよね。
    原作通りにはやらないかもしれませんが、映像化が楽しみです。

    猫のご心配、ありがとうございました。
    数時間ごとに痙攣を繰り返すので今日は会社休んで1日付き添いました。
    臓器の機能低下のせいらしく、どうやら根気よく治療していくしかないようで...。
    やっぱりもう16歳のじいさんだからなあ、うう(涙)。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。