スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DEEPな人たち(雑誌感想)。

2006年03月06日 23:22

今回はツボのみで。あっさりめで(ほんとか)。


立ち読みってことで、
風間さんページしか読んできておりませんので
他のページは知りません(おい)。

髪がぼさぼさになってきたねえ。
でもページさんのためだと思えば大丈夫(何がだ)。
@DEEP祭りのこの最中、何故かファッションの話題です。
これもDを買わなかった一因でした。
カブってもいいから@DEEP話がよかったよ、Dさーん。

ファッションにはほとんど興味ない。
でもカワイイのが好きだとか細かい好みは一応ある。
それで個々のアイテムを選ぶのは得意なんだけど、
トータルコーディネートという能力はない(笑)。
なので知り合いの服飾関係の人のショー(?)みたいなのがあった時に、
適当にコーディネートしてもらったのを一式送ってもらった
とかいうお話をされていたかと思います。
まあそういう方が身近にいるんなら
それでもいいかもしれませんね。←ぐうたら的思考

なにげにカワイイと思ったのは、
スタイリストさんか誰かに
ピンクが似合うと言われて調子に乗っているらしいというところと(笑)、
代官山とかのオシャレな街にはオシャレじゃない人が近寄ると、
警報音が鳴る装置みたいなのがありそうで近づけない
とか仰っていたところでしょうか。
どうしてそういう発想が出てくるんだろう(笑)。
でも風間さんのそういうの結構好きかな...(笑)。




対談ではありませんが風間さんと生田さんで見開き2P。
ページタイトルはズバリ『DEEP』です。
ああ何かワクワクする...(笑)。
それはいいんだけどこの写真、
何だか無駄にムード満点じゃありませんか?(笑)
私の目が歪んでいるだけなんでしょうか。
照明とか衣装もあるんだろうけどこの2人の表情ですよね。
特に目線っていうか、目つき。生田さんが特にアヤシイ。
「怪しい」んじゃなくて「妖しい」のよ...(笑)。

おふたりのお話を読んでいると、
どうもページは前半ほとんど喋らなさそうですね(がくり)。
風間さんの新境地が観られるのは楽しみなんだけど、
声フェチとしてはちょいショックな事実でしたね(笑)。
ナレーションとかも入らないのかなあ、えぐえぐ。
ただ段々話せるようになるかもしれないとのことなので、
ページがそういう気持ちになっていく過程
というのが風間さんのお芝居で観られるのは嬉しいかもですね。

あと気になったのは演技としては、
どれだけダメなリーダーを演じられるかって感じになってきてる
とかいう部分でしょうか(笑)。
えー?ページってダメリーダーじゃないじゃん!
と思ったのはワタクシだけですか?(笑)
うーん、これはやっぱだいぶ原作とは違うのかもしれませんね。
一体どんなキャラ設定になるんでしょう。...6月はまだか(早まるな)。

今回はかなりの分量使って、
秋葉原という街についての解説というか感じたことについて
お話されていますが活気があってエネルギーに満ちてて、
タイみたいな感じってとこはなるほどなあと思いました。
そういう熱気を体で感じてらっしゃるのが
どういう風に画面に出てくるのかなあと思うと楽しみですね。6月は(略)。

でもよかったのは最後のとこですか。
自分でディープに突き詰めていきたいのはやっぱり芝居
ってお言葉だとかね。所詮私はそっち系に弱いんですよ(笑)。
そういうものを10代で見つけられたのは
仰るようにほんとに素晴らしいことだと思いますね。
今回の記事の中で1番シビれたのは、

本当にディープに追い求めていきたいなら、
逆に冷静になるんじゃないかなって思うよ。
一番やりたいことは淡々とやっていきたい感じ。


これ、ここですよ。はっとしたね。
正直風間さんにはオレ頑張ってますって空気が
全くないとは思わないんですが(すみません、ウソつけなかったよ...。)、
この人すんごい冷静だなーと感じることは多々あるわけで。
先日の道中の俊介さんを演じてらっしゃった時みたいに、
とてつもなく可愛らしく見えたりすることもあるその内側に、
しんと静まった湖みたいなものがあるような気もするんですね。
静かな情熱っていうかね。って、ええ、まあ妄想なんですけど...(苦笑)。
一言で言えば、うん、やっぱり私は風間さんに対して
ギャップ萌えってやつなんだなあと。ってそんな結論か。

アイドルテーマパークでは卒業したいことというテーマでお話が。
寝る前に必ず部屋でひとりで何かがしたくなるらしいです。
ひとりの時間が作りたいとのこと。
何だろう、日常のごたごたでとっ散らかった中身を
ニュートラルにするための儀式のようなものなんでしょうか。
(よく分からんので適当に言ってみました。)
だけど忙しい時もそれをしてしまって早く寝られないので
そういう時はそれをやめたいらしいですね。
でもこういうのって何か役者さんぽい気がする。
バランス取ってるのかなって感じがして。
...って自分で書いてて何だか意味不明だ。
非常にまとまりのない文で申し訳ありません。




最初のページのカレンダーのシールにいますね(笑)。
先月の写真撮った時のらしいのですが、
これちょっと微妙だと思う(笑)。←おい

今月は生田さんとの対談です。
写真は...、うん、だいぶ春っぽい感じですよ。
頭とか、ふわふわで...(笑)。←要は伸びてるってことらしい

のっけから風間さんの役が「キテる」というお話です。
自分でも大丈夫かと思うらしいんですが、
ねえ、ほんとにどんなページさんなんですか...(笑)。
お話自体のラスト(着地点)もまだ決まってないみたいですね。
深夜帯だしかなり自由な感じで作っていらっしゃるようです。
そんなこと言われちゃうとますます気になるんですけどー。

ところでページはかなりオタクの役だという話での
(風間さんの)私服と衣装の区別つかないよ
という生田さんのお言葉に衝撃を受けた(笑)。
いや...、それホメ言葉じゃないって...(遠い目)。
しかも衣装でいいダッフルを着てるから
あまりオタクっぽく見えないのではないかと心配していたら周りに
髪型とメガネが気持ち悪いから大丈夫
と太鼓判を押されたらしいです。両方とも自前なのに...(笑えない)。

そして何とヤンボコの向井くんの時も
「ダサイ男の子を演じて」と言われてたのにもかかわらず
その監督から「その私物のメガネ使わせて欲しい」と申し出られて
相当複雑な気持ちだったそうで...(笑)。
ご本人はフランス製ですから!と力説されてますが生田さんには、

風間がかけるとオシャレじゃないってことだよ(笑)

とバッサリやられています。アンタそれを言っちゃあ...(涙)。
えーと、まあ、それだけ役に成り切れるってことでね、うん。
(と自分を納得させてみました。オシャレBOYの役も来るといいね。)

あとロケに入る前にアキバツアーをやったり、
コスプレイヤーの方々とお話したり
おふたりともいろいろ新しい世界をお知りになられたようです。
コスプレイヤーの皆さんはコスチュームのことを
コスと略すそうですが風間さんはその略称は使わないそうです。
何か...、それが風間さんのプライドなんだそうですが(笑)。
そういう自分だけの妙なプライドを持ってる風間さんが素敵。
とか思ってしまうのは一体どうしてなんでしょうね、父さん。

そして空き時間には2人でアキバを散歩とかもしたらしいです。
だいぶ積極的にあの世界にハマってらっしゃるようで、
これで役作りはバッチリだなあと思う反面、
このお仕事終わってもハマり過ぎて抜け切れなかったりして
とかちょっとコワイ予感がしないでもなかったり...(笑)。

またこの散歩中、
ゲーム好きな風間さんは誰もいない店頭でひとりゲームをしていて
生田さんはその光景をヤバいと思ったそうです。
それはヤバくてコワそうですが結構見てみたいです(笑)。
そういえば昔ゲームをしている風間さんを夢に観たことがあるなあ。
ほんとどうでもいい話ですみませんが。
どうでもいい話ついでにもう1つしちゃうと、
個人的に今FF12を買おうかどうしようか迷っています(だからどうした)。
風間さんは買うんでしょうか。光ちゃんは間違いなく買いそうですが(笑)。

話を戻して。
ワタクシたちには着地点どころかまだ全然分からないドラマですが、
風間さんが見守れと仰るならもちろん見守らせて頂きます。
(まあ言われなくてもガン見する気マンマンですが。)
今まで見たことない風間さんと生田さんか...。
う~ん、コワ楽しみ(笑)。

生田斗真の生きた言葉。
風間さんがオチに使われています。
それにしたっていつも5分遅刻ってまた微妙な...(笑)。
そして生田さんより年下のADさんが出てきた
というのは何故か私もショックでした。
そうだよね、昭和60年生まれがもう20代なんだもんね...、へええ。

選手権。お箸で皿から皿へ豆運び対決。
風間さんは13個で42位です。ちなみに平均は28個。
裸の少年レギュラーとしてそれはどうなの(笑)。
でも写真が可愛いので無問題(おい)。

そんなこんなで今月は以上で。
やっぱ全然あっさりじゃなかった...、アハハ。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。