スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水の音。

2006年04月11日 23:58

雨降りでしたね。

自転車通勤できないのはめんどくさいけど
雨が降ると何となく落ち着きます。
流石に風間さんみたいに雨降ってても傘ささない
ってことはないけれど(笑)。

で、帰ってから新聞テレビ欄を見たら
教育テレビで7時25分から、
スーパーピアノレッスンという番組が載っていて、
フランスの音楽中心に扱うようだったので観てみました。
講師はピアニストのミシェル・ベロフ。
どうやら既に2回目のようで今回はラヴェルの『水の戯れ』。
ちなみに初回はドビュッシーの『亜麻色の髪の乙女』だったようです。
あー、ちょっと聴きたかったかも...(笑)。

レッスンとタイトルに付いているぐらいなので
もちろん生徒さんが来て先生が教える形態なんですが、
最後に先生の模範演奏が。嬉しい。
5月はドビュッシーばかりみたいだし、
これを楽しみに毎週観そうです。

そういえば私はピアノ曲の場合、
水の気配を感じさせる音や演奏が好きなのですが、
レッスン序盤のところでベロフが、
水はフランス音楽の重要な要素です
みたいなことを言っていてすごく納得しました。
ああ、だからフランスのピアノ曲を聴いていると
すごく心が安らぐんだろうなあって。
雨が降ると落ち着くのとおんなじ感じなんですね、きっと。

やっぱり雨って好きかも。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。