スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだまだひきずってます。

2006年10月16日 23:56

1週間前。大阪公演から戻ったら。

実は体重が2kg減っておりました。

2kgなんて大したことないと思いますか。
しかし私は体が貧相なんで、
いつもは500gぐらいしか変動しないわけですよ。
観るだけでここまでダイエットできるお芝居って(白目)。

そしていまだにおしりの骨が痛いです。
でもこの痛みがもうしばらくの間は、
取れないといいなあと思っていたり。
まだまだ憶えていたいから。そうなんです、

思った以上にひきずっちゃってるんですよアタシ。

ええ、ひきずり女ですよ(懐かしいネタだなおい)。
帰ってから雑誌も読んだし@DEEPのDVDだってあるし、
長崎行った裸なんかも観たしかあさん事件簿2も観たのです。
それでもついつい考えてしまうのは、
やっぱり風間さんのあのヤスのことなんです。
ということで全部感想が手付かずでいかんなとは思うんですが。

正直言って1週間ぐらい蒲田休暇が欲しいのね。
どこにも行かず部屋に篭って
ただただそれだけについて考え続けるっていう(笑)。
これじゃほとんど病気ですよね。やばい...、やば過ぎる...。

蒲田についての感想もぐだぐだ上げていく
っていう話でしたけどこれもねえ。
一旦取りかかり出したら最後、
3時間でも4時間でも5時間でも
PCに向かい続けて離れられなくなりそう
で、
それが怖くって書き出せなかったり。やばいやばい。
なので時間がたっぷり取れる時にでもと思っております。

どうしてこんなにひきずっちゃうかってよく考えたら、
要はやっぱりワタクシって、

風間さんの声がめっっっっちゃめっちゃ好き

なんですね。
あの声であんだけ話されたら
声フェチの私が中毒にならんわけないんですよ。危険過ぎたんだよ。

風間さんという人とヤスという役が
合っていたか合っていなかったかということは、
今回の舞台以外で蒲田行進曲を観ていない私には
今でも実はやっぱりよく分からないところでもあるのですが、
あの声で人間としての生身の心の底からの言葉が、
延々と怒涛のように吐き出されるのを聞き続けられた

という部分がすごく私のツボにはまってしまったのだと思います。
またああいう役がきたら(ていうか来てくれ)、
もう絶対めろめろになっちゃうね。うん。

ってことで。
いまだにこんなへたれたことしか書けずにすみません。
これじゃ舞台の感想じゃなくて
ただの声フェチのつぶやきですよ...(がくり)。

あの...、ほんとに...、
おいおいやっていきます...。

ほ、ほんとだよ(ページ風)。


こっからはドラマ話。

のだめ、観ました。
(スケートは録画した。)

キャストがイメージと違うかな
というところがあったりで心配していたけれど、
上野さんも玉木くんも私的には大丈夫でした。
というかほんとは1番懸念していたのは、
小出くんの真澄ちゃんだったりしたんだけどこちらも意外によかった。
アフロヅラにかなり助けられてるかもだけど...(笑)。

ミルヒーはあれはもうわざと崩してきてるんだろうと思うんで(笑)、
もう思いきり竹中さんキャラでいくってことなんだろうなあ。

あと峰くんが瑛太だと知らなかったのでビックリしましたね(笑)。
それからキャストクレジット見たら
豊永さん出てたみたいなんですが
どの役だか分からなかった...。次回も出るかなあ。
今回は録画していなかったのでぜひ確認したいところ。

そういや千秋の子供時代の子がうまかったです。
あの水に沈んでいく時の顔とか...、うま過ぎ(笑)。
殴られた時なんかの映像とかああいうふうなのかと面白かった。

それに何より音楽がいっぱい聴けるのがいいです。
ラプソディーインブルーはやっぱりカッコイイ!しびれます。
悲愴だとかプロコフィエフのロメジュリとかも好きなんで幸せでした。
その内きっとブラームスの1番の4楽章が来るだろうから、
それが楽しみです。もうかなり好きなんであの曲。

ということでしばらく視聴続行かな。
スポンサーサイト


コメント

  1. さえ | URL | g6vs/Cb2

    はじめまして、こんにちは。
    私も「蒲田行進曲」の大千秋楽を観た者です。
    東京公演とは別物になっていましたね!
    mixiでスタッフさんと思しき方が書いていらしたのですが、
    つか先生がご多忙の為、東京公演では殆ど劇場にいらっしゃることが出来ず、
    劇場にいらしたのは東京公演終盤になってからだったそうです。
    そこから大阪公演にかけて一気に変更が増えたので、
    ある意味大阪公演が今回の「蒲田行進曲」の完成系なのだそうです。
    それを読んで、東京公演から大阪公演までの短い期間に
    舞台全体および風間さんのお芝居が随分変わったことに納得致しました。
    そういえば、「クラウディア」で共演した今泉由香さんのブログにも、
    「蒲田行進曲」の感想が書かれていましたが、
    一つの仕事が終わった後でもずっと繋がっていける素敵な仲間が沢山いる風間さんは
    幸せな子だなと、嬉しくなりました。
    はじめましてで長々申し訳ございませんでした。
    今後ともBlogを拝読させていただきます。

  2. かの | URL | pHFgDScA

    はじめまして!
    こちらこそこれからもどうぞよろしくお願いします(ぺこり)。

    そんなお話があったんですか。
    mixi、私はお友達から招待メールはお願いして送って頂いたのですが、
    やっぱぐうたらな性分なんで合わないかなと結局そのまんまに...(苦笑)。
    なんか勝手につかさんはずっと劇場にいらっしゃってるようなイメージだったんで
    それが本当のお話なら私としてはちょっと意外な感じが...(笑)。
    でも確かにお忙しいですよねえ。

    大阪公演はもうすごくよくなってましたもんね。
    あの大千秋楽が観られたのは本当に嬉しかったです。

    今泉さんのご感想のお話は知らなかったので
    早速読んできました。教えて下さってありがとうございました。
    クラウディアといい@DEEPといいすごく、
    「仲間」な感じなのがとってもいいなあと思います。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。