スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラスト3。

2004年09月16日 03:21

私にしてはいつもだったらすごい夜更かしな時間なのですが、
実は世間から一足お先に明日からお休みを取ったので、
久々の5連休なのです。
寝ちゃうなんてもったいないよね。

で、遊戯ですよ。←また唐突ですね。
今回のツボはまずOPナレーションですね。
アテムさん担当でしたがこれがもう、すごいね。だって、
「相棒、俺の本気についてこれるか!」ですよ。

もうひっくり返るかと思った(私が)。

あんまり男前過ぎるので正直遊戯になりすまして裏声で
「絶対ついていくよ、もう1人のボク!」とか叫びたくなるぐらい
クラクラきながらも実はかなり笑ってしまいました。←え。
いや、だってあまりにアテムさんが
やる気マンマンなものですから。
こんな不真面目なファンでごめん、風間......(笑)。

あとは神の攻撃を何とかしのいだ遊戯の安堵のため息は外せません。
「ふーっ」って。「ふーっ」って!
カワイスギルヨアンタッテヒトハ...。←壊れてきているらしい

......ええと、真面目な話をしますと今回「おっ」と思ったのは、
遊戯とアテム2人ともに「!」ってセリフがあったのですが、
画を見なくてもどっちの「!」だか分かる
ってぐらい違いがハッキリ出ていたことですね。
流石に4年もやっていらっしゃるので普通の話し方で違いが分かるのは
厳しいようですがプロとしては当然かなって思うんですけど、
「!」はちょっと難しいじゃないですか。

特にアテムさんの「!」はプライドの高いあの人が
遊戯に「絶対倒す」宣言されちゃった瞬間、
自分もそれを望んでいるはずなのについデュエリストの血が騒いじゃって、
ただの動揺だけじゃなく「なんだと!?」的要素も
少しは入っていたんじゃないかなーっていうような
微妙なところまで表現されているような感じがしたので好きでした、はい。

それからこれは風間さんじゃないんですけど、
他の人が「奇跡がおきる」とかいう言葉を発すると、
汚れてしまっている私にはうさんくさく聞こえなくもないのですが
イシズ役の島本須美さんが言うと本当に
「あるある、奇跡。あるよきっと!」
とか思っちゃうのはどうしてだろう(笑)。

強靭な魂を受け入れることのできる器もまた大きいものであるし、
アテムと共に過ごしたことにより
その器は更にどんどん大きくなっていったのだ、
というようなセリフの横に凛とした感じの遊戯の画がカブるんですが
何かこれまでのこと(風間さんの成長も含めて)を振り返ると
ついじーんときちゃいました。4年半だもんねえ。

それと、遊戯の「『優しさ』という強さ」を表すために
海馬を追い詰めようとするアテムを遊戯が止めたために
デュエルに負けてしまった回の回想シーンが入りましたが、
これってちょうどこないだ再放送でやったばかりの回ですよね。
絶対計算してるよなと思うとかなり心憎い感じです(笑)。

泣いても笑ってもラスト2ですね。
ああ、やっぱり終わっちゃうのヤだな......。
風間ファンでこんなにこの番組に執着してる人なんて
ひょっとしたら少数派なのかもしれませんが。
っていうかケロロといい

この歳でこんな真剣にアニメ語りしてていいのか

という方が問題なのかもねー、あはは......。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。