スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そんなはず、あるわけないか...、あんな可愛らしい人が。

2007年05月10日 01:14




相変わらずすごいハマリぶり。
水沢さんと松来さんのロミジュリラジオも聴いてるし、
BEWEの池Pさんブログも監督の追崎さんとこも読んでるし、
公式HPも毎日何度もチェックしに行ってしまってます。
自分でもちょっとコワイぐらい(笑)。

現在配信されている特番も見ました。
どうも期待通りにお話が進んでいきそうなんで嬉しいです。

そして今晩6話放送です。
やっとだよ!1週間長かった......。

でもとりあえず5話感想から。
先週なんですごい今更ですが、
まあここは別名「いつの話だblog」ですから。

さて。前回のあの終わりからの続きということで、
ドキドキワクワクした人もたくさんいたと思いますが、
やはり予想通りロミオは何もせず。それどころか、
あの反応ったらどうにもウブ過ぎじゃーありませんか。
「ごめん!」とか言って走り去るってなんて王道なの(笑)。

あそこはシエロが
「君たちそこまででよろしく!」と一声鳴いたから
(いやそんなセリフはありませんが。そんな感じだったし(笑)。)
ロミオも我に返ったところありましたけど、
そうでなかったらどうだったんだろう。
ってあの純なロミオさんのことだから変わらないか(笑)。

それでなんか結構4話からシエロがツボに入ってきました。
オーディンにちょっかいかけるとことかめさめさ可愛いし。
あとシエロは2人のデートのお膳立てしてあげたり、
5話だとストップかけたりしていますが、
(でもジュリエットが男装を解いて2人ドッキリ!
 のきっかけにもなってるっていう。
 けしかけたいのか止めたいのかどっちやねん(違)。)
馬だけどまるでロミオの保護者みたいです。

実の父があんなんだから代わりに見守ってきたのかなと。
ポーシアとの会話でも示されていましたけど、
そう考えると、ああロミオの幼少時代って......(泣)。

その後ジュリエットがオーディンの恰好に戻ってからの会話ですが、
驚かせちゃってごめんなさい的セリフなんかがあるのかな
と思ったら、なかった(笑)。シャツのことは謝ってましたけど。
そしてロミオのどうして男装してるのかという質問にも
「訊かないで......」の一言でかわすジュリエット。
なかなかとんでるお嬢さんだね。
ロミオこれからも随分振り回されそうです(笑)。

あと3話のデートすっぽかしについて
ロミオが何か訊くかと思ったらそれもなかったなあ。
あんまり細かいことは気にしない性質なんでしょうかあの人。
ジュリエットの正体も赤い旋風にまで辿りつきそうになったのに、

「そんなはず、あるわけないか......、
 あんな可愛いらしい人が...」で終了。


もうすっかりデレデレだよこの人!(笑)
正直そのデレデレっぷりにこっちが赤面です。

ラブラブパートはまあそこまでで、
デートから帰ったジュリエットに赤い旋風問題が。
キュリオきついっすね...。でも言いたくなる気持ちは分かるわ。
フランシスコとキュリオは教育係として
飴と鞭で、これっていい役割分担ですね。

自分が起こした行動がどう影響を及ぼすかということを
あまり考えないで「正義の味方ごっこ」をやってきたジュリエットが、
今回のことをどのように受けとめて
民衆の真の味方、希望の星になっていくのか楽しみです。

ランスロットは家族がいるのに
自ら身代わりになるなんてなあ......。
でも実は生きてるような気もするんですが。
メインキャラが6話で死ぬとは思えないし(そこか)。

アイリスの花畑で「また会えるよね?」と尋ねたロミオに
小さく頷いて「うん」と言えたジュリエットですが、
これがもしこの事件の後だったら言えなかったろうね。
今後ロミオのこと避けるようになっちゃうのかなあ。

今のところジュリエットにばっかり
衝撃的な事実がバンバンきてますが、
その分今は割とのほほーんとしているロミオにも、
そのうちドーンと来るんでしょうね。そこも楽しみです。

ところで。

ロミオ役の水島大宙さんに
かなりズブズブはまってきてます。

これ片足は確実にツッコんでますね(笑)。

声フェチなのでこれまでにも
好きな声の声優さんはたくさんいらっしゃいましたが、
こんなにストライクゾーンな人は初めてかもしれません。
主演されてる他の(要は瀬戸(笑))も観てみましたけど、
声だけでなくお芝居もいいわあ(ぽやーん)。
にしても永澄はロミオとのギャップがすごい......(笑)。
ちなみに調べたら水島さんも6月中旬生まれのA型
私の好みのゾーンって一体。これで弟だったら完璧か(笑)。

そしてこの作品はほんとに音楽が素敵です。
担当の方、FF12の音楽の方なんですね。
12やってないから分からないですけど、
ちょっとそのためだけに12やりたくなったぐらい(笑)。
サントラ出たら絶対買うべ。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kazakanonpache.blog3.fc2.com/tb.php/822-f86f6f12
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。