スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風を吹かせて下さいね。

2007年05月16日 22:12




本日4更新目。ムラがあり過ぎてすみません。
かぜ気味感想はこの下に3連続エントリあり。

さてロミジュリ。
深夜放送なので録画したのを翌日帰ってきてから観る
というのが普通だったんですけど、
こないだの6話なんて楽しみ過ぎて
翌朝30分早起きして観てしまいましたよ。
朝ご飯食べるよりギリまで寝ていたい私が。
どんだけハマってるんだっていう(笑)。

というわけで
今晩もう7話放送だっていうのに今更6話感想。

・ランスロットはほんとに死んじゃったのか。
 実は生きてる説を捨てきれないんですが。
 こっそり助かってて中盤か終盤に
 ジュリエットを助けに現れるとかないのなあ。
 しかし奥さんは立派な人だ......、泣けました。

・ロミオさん。
 民衆が不当にぶたれてるのは察して止めて欲しかったよ。
 やっぱまだボンボンなんだよなー、この人は。
 ところで「無事だったんだね!」の水島さんの声が
 いい声過ぎてストライクでした。撃ち抜かれました(笑)。
 しかし「僕はてっきり君が赤い旋風だと思っていたから」って。
 ええっ!?アンタ先週デレてただけだったじゃん(笑)。
 あんな可愛らしい人が。で終了してたじゃん!
 でもほんとはやはり気になる気持ちを捨てきれなかったんすね。

・ジュリエット正体カミングアウト。
 さすがにあんな事件があった後なので
 ああ言わざるを得ないですよね。
 ジュリエットの立場的には仕方ないし当然なんですが、
 恋に落ちたばかりなのに2人とも気の毒で。
 それにしてもあの身体能力はすごい(笑)。

・疑問1。
 周りはなんで赤い旋風活動を容認していたんだろう。
 ああなることはみんな分かってそうだったのに。
 クギをさすことはしても強引には止めなかった。
 ジュリエットが聞かなさそうな性格
 ってのもあるんでしょうが(笑)、それにしてもなー。
 うーん、娘狩りを避けつつ町の様子を肌で知れて、
 尚且つ革命の旗頭としてのカリスマ性も得られるから、とか?

・疑問2。
 モンタギューは何故あそこまでする必要があるんだろう。
 追放だけで十分過ぎるぐらいなのに
 暗殺だなんて特に必要ないと思うんですけど。
 市民の反乱の先陣切られたら困るとでも思ったんでしょうか。
 なんかあそこまで力に頼るっていうのは逆に
 自信の無さの表れのような気がしてなりません。
 あの人元からあんなひどい人なんですかね。そこも気になる。

・前回書きそびれたがペンヴォーリオはほんといい友達だなあと。
 優しいし落ち着いてるし(ロミオよりは)大人だし。
 お父さんが人徳者だからなあ。
 だってこの話で1番人間出来てるのは
 ヴィットーリオだもん絶対(笑)。
 しかしそんな友達すらもロミオから引き離されてしまいます。
 貴族社会ではシエロ以外味方いなくなっちゃうから
 かなり孤独になるんだろうなあ。気の毒。

 代わりにジュリエット側にはいい味方になってくれるのかも?
 賢い人なので市民の苦境を目の当たりにすれば
 貴族の生活をしていた頃とは考えも変わりそうかと。
 ロミオとの間を取り持つ役割なんかもありそうかな。
 そしてコーディリアと恋に落ちたり。
 などと下世話に予想してみる(笑)。

・キュリオおじちゃん...。まだ22なのに...(笑)。
・フランシスコ。この人も声いいなあ(ぽやーん)。
 あんなセリフ言われたら女子だったらそりゃメロメロだろうよ。
 でもあのお嬢さんたちテンションたけえ(笑)。
・ティボルト。登場の仕方おいし過ぎませんか?(笑)

予告からすると今晩の7話もドラマチック展開ぽいんで楽しみです。
そして待ちきれなくて本屋で10話までのあらすじ
読んできてしまいました。だいぶ盛り上がってきそうです。
キャスト対談やサトジュンインタビューも読んできましたが
その感想はまた機会があったらっていうことで。

そしてさっき池P日記見てきたら、
OPの謎の少女のネタバレが。
その名前きますか......(笑)。
もうすぐ登場みたいですが話にどう絡んでくるんだろうなあ。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。