スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大三郎め。

2007年12月10日 22:00

一体いつの話をしているのかとツッコみたくなるかもしれませんが姿三四郎観ました。もちろんちゃんとリアルタイムでですよ。始まる頃にはご飯もお風呂も済ませて後はもう寝るだけって体勢で。ここからうんと長い感想が始まりますのでご注意下さい。あと真面目な人は読まない方がいいかもしれません。自己判断でお願いします(ちなみに事故判断になっても責任は取れません)。

実は裏番組の一朗太がゲスト出演してるジョシデカがちょっと観てみたいな~とかかなーり誘惑されながら結局は録画も生視聴も三四郎1本でした。それもこれも大三郎がきゃわい過ぎたからさ!(壊)なんじゃあれは。左文字大三郎なんてごっつい名前で柔道とか闘いとかそういう世界の中であんなキャラが出てくるなんて誰が思うよ(笑)。

確かにこのドラマに出演するって話を聞いた時は「風間さんの役名似合わねえ」とか「風間さんが柔道て」とか思ったさ。思ったよ。それで番宣観たらいきなりすたこら走って逃げてたり木から飛び降りてくる三四郎に顔を腕で覆いつつビビったりしてて、本人も「箸休めキャラ」だと言ってたからね、きっとコメディー部分を担ってる子なのねとは考えていました。でもです。でもだよ。あのきゃわいらしさは明らかにそれとは別物なわけです。コメディー担当だからってことで出ていたきゃわいさとは違うのですよ!(力説)ザクとは違うのだよザクとは(何の話だ)。

具体的にどの点にやられたかっていったら道場での稽古シーンでした。風間さんが意外に柔道着似合ってたんだなこれが(笑)。かわいこちゃんなのに男前ってこれいかに。そして風間さんの足元観た時に思わず「足首細っ!」とか叫んでしまいました。はい、これ確実にドラマの観方を間違っています。しかし。ふと気付いたら周りの他の人は足首なんて見えないわけです。つまり。

風間さんだけ何故か丈が短い。

それに気付いた時しばらく腹筋地獄から逃れられませんでした(おい)。風間さんごめんなさい。それから風間さんの稽古姿にもいちいちときめいてしまいました。だってあんなちっこくて華奢な人があんな一生懸命......。あああ。風間さんごめんなさい(2度目)。観方間違ってて。

いやあ何であんなに可愛いんだろうね24で(笑)。風間さんが今月の雑誌でそろそろ脱ピーターパン症候群しないとみたいなことを話していましたが、私もちょうど、「君は確かに可愛いのだがそろそろ大人の男路線も目指した方がよくないか......」とか思っていたところだったんですよ。ですが。これ観たらなんか「もういっそのこと永遠のピーターパンでも構わない、いや、むしろいてくれ」とか懇願したくなりました。ほんとに君は恐ろしい男ですよ、風間さん。しかしドラマ放送後何日か経って(割と)落ち着いた今となってはやはり大人の男路線も狙って欲しいと思っているのでご安心下さい(誰に言ってるんだろう)。とはいえやはり非常にめんこかったので、金欠でこれから雑誌を買うのは控えてその分他に回そうと思い今月のも買ってない私ですけれども(そういうわけで雑誌レポしてませんごめんなさい。)、Pは後日買いに走るかもしれません。かわいかったもんなー(そればっか)。

なんかこれだと全くドラマ感想になってないのでここから普通に書こうと思います。
前置きというかただの風間萌え感想が長くなってしまって申し訳ございません。

ドラマは観る前はどうなんだろうと思っていましたがすごく楽しんで観れました。風間さんがこれまでに出た単発の中では1番好きかもしれないってぐらいに(笑)。原作をよく知らなかったからってのもあるかもしれないけど。結構トンデモ展開だらけで。1人の男を愛する2人の女が実は姉妹とか、ちょっとそれ普通死ぬって!ってとこで助かったり、お姉さんなんだそのヤケっぱちぶりはとか。そんな昼ドラ的ドロドロ要素がありながらもなんだかんだで青春純愛成長ものでいやあ面白かった。しかしまさか乙美ちゃんが死んでしまうとは......。

やっぱりこの話爽やかでいい感じが出てたのはシゲさん主役だったからだろうなと思いますよ(笑)。久しぶりに観たけど男っぽくなってて良かったです。なんかこのドラマのシゲさん観てたらWSSの櫻井トニーが何度も頭に浮かびました。初々しくて爽やかな主役って感じが似ててさ。相手役がユイカちゃんだってのも良かったですね。お似合いでした。しかしこの番組の裏って思いきり金八でそれはいいのかよと気にはなりましたが(笑)。ちなみに私的には風間さん以外だと要さんと高子さまとライオン丸Gにぎゅいぎゅい惹かれて観てました。浪岡さんは朝ドラの「ちりとてちん」にも御出演ですけど悪役系いいなあ(笑)。こっちでは最後はいい人で終わってたけど。脇の年配の役者さんがたも豪華でしたし。力入ってたんだなこのドラマ。

肝心の風間さんはまだ萌え感想しか書いておりませんでしたが(笑)。すごくよかった!実は番宣でのシーン観た時には「これはもしかしてコメディーっぽくやり過ぎて大袈裟演技になってしまっていたりするのか?」と気持ち的に暗雲立ち込めたというかかなり危惧してたのですが(すみません。小心者なので心には常に保険をかけて生きております。けして風間さんを信じていないというわけでは(略)。)、本編を観たら全然全くちっともそんなことはありませんでした。顔を作ったり声を作ったりしていても極めて自然でそこに本当にびっくらしてしまいました。風間さんほんと上手くなられて。これなら2月のコメディーすっごい楽しみですよ。大三郎はご本人もおっしゃっていた通り、何の問題も抱えていない本当に普通の友達思いの男の子で。「ひきとめねーよ!」とかヨカッタ。うっかり泣きそうでした(そこでか)。こういう役観たかったし思ってたより出番も多くて嬉しかったです。

しかしやっぱり地元民としては明治村は明治村にしか見えなかった......(苦笑)。だって風間さんが走ってた坂道とかユイカちゃんがいた店の前とか私も普通に歩いてるんだもんよ(笑)。あの電車とかも乗ったことあるし。近頃はとんと行ってませんけどね。女性は夏の一定期間に浴衣で行くと入村料タダってのは今でもそうなのかな。なかなか趣深いところなのでご興味ある方はぜひお越し下さい。なんて最後は明治村の宣伝みたいになってしまいました。というか久々に感想書いたらなっがいなこれ!

ところでかぜ気味再開っていつからなんですかね。
まだ前回のインフルエンザの逆襲編を携帯の画面メモから
さっぱり移してないことに先日気が付いて青ざめてます。やばいよ......(笑)。

スポンサーサイト


コメント

  1. まうみ | URL | n3C3tgxw

    おおおおつかれさまです(笑)。
    組み手やってる姿、本当に素晴らしかったですよね(オイ)。
    お陰で師匠さんが何喋ってたのか、いまだに不明です(笑)。
    つんつるてんの道着は不思議でしたねぇ(笑)。しかも風間だけ。
    そっか、スタッフさんもヤツには可愛さを求めてワザと…って
    そんな訳ないだろうけど(爆)、色んな意味で楽しかったです。
    「ひきとめねーよ!」はホント、うっかり泣きそうになりました(泣けよ)。
    抑えた演技が光ってましたね。舞台が楽しみです(安心・笑)。

    そして、「かぜ気味」はいつからだろう?明日っから??
    バックナンバー終了とともに始まる…かしら?

  2. かの | URL | pHFgDScA

    まうみさん@ページさん、いらっしゃいませ(笑)。
    あのつんつるてんはほんとに可愛かったんで、

    なんかの陰謀か?

    ってつい私も一瞬だけ思ってしまいました。
    あまりにも風間さんだけ短過ぎです(笑)。

    ひきとめねーよ!は私も結局泣いてないんですが(笑)←おい
    なんか大三郎のああいうキャラが好きでしたねえ。
    舞台楽しみです。ピエールのキャラに期待してます(笑)。

    かぜ気味今日からでしたね。
    やっぱり初回からユルかった......(笑)。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。